SERVICE

CIAYO TOKYO
ゲーム事業、電子コミック事業を手がけるインドネシアのCIAYO CORP(運営:PT Dragon Capital Centre)と提携し、東京を拠点に活動する事業ブランド。

コミック事業
・月間2000万人の読者、UU登録者300万人を保有
・将来のスター作家予備軍が多数登録

ゲーム事業
・630万人を動員した映画「DILAN」のゲームは50万DL
・オリジナルタイトルも15万DL超

現地デジタルコンテンツをカルチャライズ
・WEBアニメなどを安価・オリジナルに制作
・キャラクター・背景製作受諾(安価なコスト) 

現地生産による販路拡大(東南アジア全土)
・来場者25万人の世界最大の日本祭「縁日祭」と完全連携 
・地方インバウンドPR(漫画化、ゲーム化で疑似体験による聖地化)
・日本のIP化し輸出(漫画、映画、キャラクター・ゲーム)制作・販売  

 

MEMBER
田中誠
CEO

1968年10月11日生まれ
駒澤大学卒業 
テレビ番組制作ディレクター経て
映画製作、2.5次元興業
インドネシアにてアーティストプロモート
イベントオーガナイザー


ビクトリオ・プリマディ
取締役副社長
PT. Dragon Capital Centre CEO
CIAO Corpブランドを立ち上げ、ゲーム、電子コミック事業を実施。

ITベンチャーを売却後
PT. Dragon Computer & Communicationデザイナー
経て、現在に至る。

幼い頃から日本のアニメと漫画が好き
アメリカの漫画を読んで英語を習得
独学でInstructionを読破

ショーン・アンソニー・ハリム
執行役員
1996年6月25日生まれ
 Bina Nusa (BINUS) InternationalのグラフィックデザインMajor卒業

日本語、英語、インドネシア語、ビジネスレベル

日経外資投資法人PT Thanks Creaitve Inodnesiaに入社、イベント制作、アーティストプロモートなどの実務を積み、制作プロジェクトマネージャーへ。
他、日経企業のスタートアップ、コンサルティングなども行う。
実績
インドネシア実績

PT .THANKS CREATIVE  CREATIVE  INDONESIA(2015年4月から2017年5月)
(インドネシア・ジャカルタに1.5年駐在)
イベント制作・アーティストプロモート会社:年商:1000万円、資本金:2500万 従業員3名

<イベント>
東南アジア最大級コスプレイベントCLASHプロデューサー
カウントダウンアジア・メイドカフェブースプロデュース
世界最大の日本祭 縁日祭 日本窓口(毎年1回、10万人来場)
オーガナイザー(2016年から継続中)      
<アーティスト・マネージメント>
東京ヒッツ女子(アイドルグループマネージメント)
ルミナスカーレット(アイドルグループマネージメント)                         
<アーティスト・プロモート>
Faint Star(agehasprings、博報堂、ソニーミュージック出資PJ、アイドルグループ)
ピアニスト「成田玲」(グローバル戦略、アジアPR担当)Motion Blue Jakartaにて日本人初のソロコンサート開催

最高の感動を味わえました

It is a long established fact that a reader will be distracted by the readable content of a page when looking at its layout. The point of using Lorem Ipsum is that it has a more-or-less normal distribution of letters, as opposed to using Content here, content here, making it look like readable English.

ニュース・リリース
COMPANY
日本

Dragon Digital Japan株式会社
〒150-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷3-17-3LAMP北参道
TEL 03- 6384- 7401  FAX 03-3746-9969
代表取締役社長 河合真一 
取締役副社長  ビクトリオ・プリマディ
執行役員    ショーン・アンソニー・ハリム


インドネシア
PT.Dragon Capital Centre(関連会社)
資本金:1,000億ルピア
CEO:ビクトリア・プリマディ
THE Dragon Building.Mangga Dua Square Blok E8.
Jl. Gunung Sahari Raya 1,Jakarta Utara 14420-Indonesia
ABOUT

デジタル先進国インドネシア市場

2017年に人口が2億6,400万人に到達し、世界第4位 の 人 口 と な っ た イ ン ド ネ シ ア 。過 去1 0年 の ほ と ん ど の 期間で経済成長率5%以上を保ち、世界で最も急成長 し て い る 国 の1つ だ 。昨 今 、世界の名だたる大企業がこぞ ってインドネシアの新興企業 に 巨額の投資を行っている 。インドネシアは東南アジア最多である4社のユニコ —ン企業(評 額約1,100億円以上のテクノロジ—企 業)を輩出し 、巨額な資金調達を得てさらなる勢 い をつけている 。

私たちの身の回りにあるスマートフォン、グーグル、アマゾンなどのデジタルツールは、この僅か30年の間に目覚ましい発展を遂げ、日本などの先進国で暮らす人々の生活は大きく変化した。その発展か今、東南アジア諸国で数倍の速さで起こっている。インドネシアはその筆頭になりつつあると言えるだろう。期待と課題か膨らむ若いインドネシアという国と、経験豊かな日本という国が手を取り合い、地に足のついた成長を実現させていくことを、私たちDragon Digital Japanは期待する。


インドネシア市場2019
2032年オリピックへ立候補
・ジャカルタ・アジア大会でeスポーツが初採用
日本語学習者、世界第2位 70万人
・70万人 訪日観光客、35万人突破 前年比30%増
2019年オールジャパン支援による地下鉄の開業
CONTACT US

CONTACT US

お問い合わせは下記のフォームからお願いいたします。

送信